1. home
  2. イベント
  3. 香川県立ミュージアム 第65回日本伝統工芸展

イベント

香川県立ミュージアム 第65回日本伝統工芸展

カテゴリー:
美術

香川県立ミュージアム 新春恒例の特別展「第65回日本伝統工芸展」を開催します。
 
みどころ
●人間国宝(重要無形文化財保持者)の作品48点を展示!
●漆芸部門の入選作品85点が全部見られるのは東京と高松だけ!
●展示作品総数は280点!全国の匠のわざを存分に堪能!!
●香川県在住の人間国宝(重要無形文化財保持者)
●磯井正美氏、太田儔氏、山下義人氏の作品が揃い踏み!
●新春恒例1月2日からオープン&会期中無休(月曜も開館)

◆会期
 平成31年1月2日(水) ~1月20日(日) 会期中無休
◆開館時間
 午前9時~午後5時 金曜日は午後7時30分まで(入館はいずれも閉館の3 0分前まで)
◆会場
  香川県立ミュージアム

◆展示内容
 日本伝統工芸展は、歴史・芸術上特に価値の高い工芸技術を保護・育成するとともに、先人から受け継いできた優れた技を磨き、現代生活に即した新しいかたちを築き上げることを目的として昭和29年(1954)から毎年開催され、今回で65回を数えます。
 今回の高松展では、重要無形文化財保持者(人間国宝)の作品48点をはじめ、受賞作品及び四国在住作家の入選作品など計280点を展示します。このうち、香川在住作家の作品が18点、香川県ゆかり作家の作品が14点あります。

◆展示点数 
 280点(陶芸65点、染織21点、漆芸85点、金工27点、木竹工33点、人形14点、諸工芸35点)
◆観覧料
 一般610円、団体(20名以上)・前売490円
 ※高校生以下、65歳以上、身体障害者手帳等をお持ちの方は無料
◆主催
 香川県立ミュージアム、香川県教育委員会、公益社団法人日本工芸会、NHK高松放送局、
 朝日新聞社、日本伝統工芸展高松展実行委員会

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《関連イベント》
①講演会「文化力競争時代の日本工芸」(聴講無料・要申込)
講師:林田英樹氏(公益財団法人日本工芸会理事長、元文化庁長官、元香川県教育委員会教育長)
日時: 1月6日(日) 13時30分~15時
場所:地下1階講堂
定員:230名(先着)

②陳列品解説(申込不要)
1月 5日(土)    吉光誠之 氏(木竹工)
1月13日(日)   佐々木正博 氏(漆芸)
1月14日(月・祝) 小川佳都代 氏(諸工芸)
1月19日(土)   栗原慶 氏(陶芸)
1月20日(日)   大谷早人 氏(漆芸)
 ※各日午後1時30分~

③美術ボランティアによるギャラリートーク(申込不要)
日時:会期中の土・日・祝日 各日午前10時30分~12時
1月5日(土)、6日(日)、12日(土)、 13日(日)、14日(月・祝)、19日(土)、20日(日)

④ファミリーワークショップ「うるしにチャレンジ」(要申込)
日時:1月12日(土)
午前の部:午前9時30 ~午後0時30分
午後の部:午後1時30~午後4時40分
場所:当館地下1階研修室
講師:佐々木正博 氏(漆芸家)
対象:小学校4年生~ 6年生とその保護者72名(各回36名)(応募者多数の場合は抽選)
参加料:一人につき1,000円(保護者は別途観覧料490円が必要)
応募方法:往復はがき(1枚につき一組)、氏名(ふりがな)、住所、電話番号、児童の学年、続柄、行事名と希望の時間を明記の上、香川県立ミュージアム「うるしにチャレンジ係」までお申し込みください。
募集期間: 12月1日(土) ~12月14日(金)当日消印有効

 

⑤漆でカフェタイム
漆の器で会期中限定メニュー「あんもち雑煮」を楽しめます。(ドリンク付680円)
期間:本展会期中(1月2日~20日)
場所:当館1階カフェポットミュゼ
協力:漆の家, NPO法人アーキペラゴ
※ ②③④の参加には観覧券が必要です(観覧無料の方は除く)


開催日 2019年1月2日 (水) ~ 2019年1月20日 (日)
開催場所香川県立ミュージアム
料金一般610円、団体(20名以上)・前売490円
※高校生以下、65歳以上、身体障害者手帳等をお持ちの方は無料
主催者香川県立ミュージアム、香川県教育委員会、公益社団法人日本工芸会、NHK高松放送局、朝日新聞社、日本伝統工芸展高松展実行委員会

香川県立ミュージアム

住所〒760-0030
香川県高松市玉藻町5-5
かがわ文化芸術祭2018募集

7

2018

12

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

前月

翌月

メルマガ会員募集中