イベント

県立ミュージアム 讃岐の石文化ー石舟の石工文化を中心にー

  • 美術

香川では、「庵治石」と呼ばれる花崗岩や「豊島石」と呼ばれる凝灰岩など、古くから石材の採掘・加工が盛んに行われてきました。
高松市国分寺町の鷲ノ山から産出される「輝石角閃石安山岩」もその1つで、その麓の石舟地区(以下「石舟」)では石材業が発達しました。明治時代になると、それまで生産していた石造物や石灯籠などに加えて、西洋式の技術を用いた橋梁などの土木構造物も手がけました。
本展では、写真や資料を中心に、明治から大正、昭和にかけて、香川の近代化に石材業が果たした役割や、新しい石材の利用方法を積極的に取り入れながら石材業を発展・継承させてきた石舟の石工文化を明らかにします。

開催日 2021年02月19日 (金) ~ 2021年04月11日 (日)
【休館日】毎週月曜日、3月2日~3月7日は施設整備のため休館
開催場所 香川県立ミュージアム 常設展示室 1
料金 一般410円/団体(20名以上)330円
*特別展観覧券でも観覧可
*高校生以下、65歳以上の方、身体障害者手帳等をお持ちの方は観覧料無料
主催者 香川県立ミュージアム
TEL 087-822-0247
MAIL kmuseum@pref.kagawa.lg.jp

香川県立ミュージアム

住所 〒760-0030
香川県高松市玉藻町5-5